気分を落ち着かせよう

健康になるために

笑っている女性

双極性障害とは、極端に気分が落ち込んだり明るくなる症状です。原因はたくさんありますが、極度のストレスを感じた時に出やすいと言われています。例えば、人前で話したり重大発表をする時などは緊張しやすいです。どんな場面でも、緊張を振り払えて堂々と振舞える人もいます。このような方は、双極性障害を乗り越えたのかもしれません。大きい壁を乗り越えた自信や誇りは、その人を成長させます。そのため、双極性障害に悩む人は「この試練を克服すれば、自信に満ちた人になれる」と信じるのが大事です。自ずと、結果が違ってきます。人間、自分が意識したことが結果に反映されます。症状が改善を望むなら、自分の内面を振り返って見ます。プラス思考でいると、必ず良い方向に進みます。ただ、プラスの思考が働きにくいのが双極性障害の特徴でもあります。また、間違った方向に気持ちが向いてしまうこともあるでしょう。もし自分の精神状態が不安に感じるのであれば、カウンセラーや医師に相談することが大切です。心の病は自分で解決しにくい病だとも言われています。自分で治そうと無理をしたばかりに、悪化してしまい精神科などに入院してしまうケースも少なくないのです。そのため、専門的な知識を持つ方から指示を仰ぎながら改善していくことが重要なのです。

精神の安定が重要

双極性障害になったからといって、あわてる必要はありません。まず、自分の状態を良く見ます。そうすると、自分の心に何が足りないか等が少しずつ見えてきます。この時に大切なのが、ベストを尽くすのも良いですが「頑張り過ぎない」ことも重要です。良い結果が残せる人は、適度にリラックスしています。そのため、無理に意固地になって自分だけで解決するのではなく、周りの方や医師に助けを求めることも大切なのです。誰かに支えてもらうなどで、自分自身の肩の力を抜くのも必要です。心を追い詰めてしまうことが、精神疾患を発症する一番の原因でもあるのです。特に双極性障害の場合、心がプラスに働く躁状態時には暴走してしまうことが多いです。疲れを溜め込んだ結果暴走してしまわないように、自分自身の負担をコントロールする意識を持ちましょう。