躁とうつとを繰り返す病気

病気の特徴と原因

男性

双極性障害という病気をご存知でしょうか。かつては躁うつ病と呼ばれていて、文字通り躁の状態とうつの状態を繰り返す病気です。始まりはうつ状態であることが多く、これが何度か繰り返された後で躁状態、つまりテンションが高くなり、おしゃべりになって、余計な買い物やギャンブルへの投資などの無分別状態になりがちです。ですから、最初はうつだと思っていても、後で躁状態になり、双極性障害だったとわかることがあります。原因としては、遺伝的要素や環境的要素があげられます。また発症する前の性格として、現実的でユーモアに富む性格の人が多いといわれ、こういった様々な要素が絡んでストレスとなったり、あるいは生活に乱れを生じる元となったりするのです。もし双極性障害と診断された時は、専門医を受診し、あせらずに治療を続けることが大事です。特に躁状態の時は、自分は気分がいいから病気でないと思い込みがちですが、だからといって薬を止めてしまうと再発してしまい、治りにくくなってしまいます。このような時は家族も協力して、地道に治して行くようにしましょう。

注意しておくべきこととは

この双極性障害は、大きく分けて2つのタイプがあります。1つは、躁とうつが比較的はっきりしていて、それぞれで全く違った人格になります。もう1つは軽躁状態とうつが交互に出るもので、はっきりした躁状態ではないため、周囲はあまり違和感を覚えないのですが、実はアルコール依存などが絡んでいることがあります。その他に気分循環症やラピッドサイクラーと呼ばれるものもあります。このラピッドサイクラーは、特に躁とうつの交代スパンが短いのが特徴です。双極性障害の治療に抗うつ剤を用いると、このラピッドサイクラーになりやすいので注意が必要です。また、躁とうつの両方の面を持つため、一旦うつ状態になった場合、躁状態との時の自分を激しく責めるようになります。また再発を起こしやすいため、破壊的行動や自殺に走りやすくもなります。このようなことがないように何かあった時はすぐ医師に相談し、また、薬を自己都合で止めてしまうことのないように気を付けましょう。また薬物と同時に精神療法が採られることがあります。この場合は認知行動療法や、生活リズムの把握などが中心になります。