躁とうつが交互に現れます

歯止めが効かなくなります

女性

気分障害には単極性障害と双極性障害に大きく分かれています。単極性障害の場合、抑うつ状態が継続的に続くことで精神的、身体的苦痛が生じます。主にうつ病といわれる症状です。双極性障害は抑うつ状態から発展して躁の状態が現れる事で、気分の波が生じていきます。うつの症状は単極性とあまり違いがありませんが、躁の状態になると異常に気分が盛り上がり、歯止めが効かなくなるほどよくしゃべったり動いたりします。寝なくても疲れないため、判断力が欠如することもあります。うつの状態に気が付いても躁の状態は気が付きにくく、ただ調子が良いだけと勘違いされる事が多い症状です。お金の事を考えずに買い物したり、ギャンブルに夢中になることもあり、性格の問題と片づけれられることもあり、気が付いた時には躁とうつの波に振り回されてしまうこともあります。双極性障害は単極性よりも発症率は少なく、高齢者に多いうつ病に対し、20代に多い病気です。自分で気が付くことも少なく、家族や周囲の人から気に掛けてあげるとよい場合もあります。

抗不安薬を使います

双極性障害は、セロトニンやノルアドレナリンなど、脳内伝達物質のバランスが崩れる事で感情がコントロールできなくなります。原因の一つに遺伝的要素があり、単体の遺伝子異常だはなく、いくつかの遺伝子異常が重なって発症する要素があります。また、慢性的なストレスや過酷な生活環境により身体的、精神的苦痛が生じます。これらはうつ病と同じ症状といえます。そして、病前の性格にも要素があります。社交的で心配りができ、ユーモアにあふれた人は一見すると快活なイメージがありますが、現実志向性が強く生活リズムが崩れると先行して抑うつ状態が発症します。抑うつ状態が急激に発症したり、幻覚や妄想など、精神症状を伴って起きる重度の場合には双極性障害へ移行してしまうことがあります。程度が酷くなるごとに躁とうつのサイクルが短くなり、生活に支障が出てきます。治療にはうつ病同様に薬物療法を行います。単極性で用いる抗うつ剤を双極性障害に使用すると悪化してしまうこともあるため注意が必要です。抗不安薬や高精神安定薬を使用して、躁とうつの波を小さくしていくことが大切です。