くり返す天国と地獄の気分

病気の認知

頭を抱えた男性

気分が激しく落ち込むことや、喜びで気持ちが高揚することは、誰でも経験している精神状態でしょう。しかし、双極性障害とよばれる精神状態は、普段多くの人が経験しているそれとは違います。躁状態のときは、エネルギッシュで、何でも出来るような大きな気持ちになり、リスクの多いことにでも手を出してしまったり、周囲の人々を巻き込んで疲れさせるほどお喋りになったり、誇大妄想的なことも言ったりします。その反対に、鬱状態のときは、何もやる気がおきない、自責の念、自殺願望、嬉しいことなど何もないなど、まさに陰鬱とした気持ちになってしまいます。双極性障害とは、この「ハイ&ロー」を周期的にくり返す精神障害です。双極性障害に罹っている人は、自分が病気であることを否定するため、治療を拒否する場合が多いのです。まずは、自分が双極性障害だということを、はっきりと認知することが大切です。今は、双極性障害に有効な薬も多数出ています。薬の他にも、日光浴や、散歩程度の軽い運動など、一定のリズムで生活を送ることも、効果的とされているのです。

心構えをしっかりと

双極性障害に罹った人の、家族や周囲の人たちも、治療のサポーターにならなくてはなりません。躁状態のときは、ひどく偉そうで、暴言を言ってくる場合もあります。しかし、そんなときも、そのひどい言葉をいっていのは、本人ではなく、双極性障害という病気なのだと思ってください。鬱状態のときは、ストレスを掛けずに、周囲の人は感情的になったりせず、優しく見守ることが必要です。家族と、周囲と、主治医とが協力し合って、治療にあたりましょう。また、少し症状が良くなったからといって、治療を放置してはいけません。多くの場合、双極性障害は再発しやすいものです。再発を防止する薬も多数開発されているのですが、中途半端な治療をせずに、しっかりと根治させましょう。社会復帰までは、時間のかかる病気ですが、認知療法、行動療法、薬物療法など、治療方法が多数ある精神障害です。早い段階で治療することができれば、思いのほか精神コントロールをしていくことも可能なのです。双極性障害は、自分の病気を認めることからが始まりなのです。